前へ
次へ

家庭教師が向いている子どもとは

子どもに勉強をさせるためには家庭教師がいちばん効率がいいと思われがちです。
しかし、実は家庭教師が付いても勉強がはかどらないタイプの子どももたくさんいます。
まず、自分で勉強をする気がない場合は先生にも迷惑になるので、親の一存で決めるのはやめましょう。
子どもに意欲があり、わからないところを教えてもらってがんばりたい、という場合には勉強もはかどりますし、成績も上がりやすいです。
意欲があっても、人見知りの場合には慣れるまで時間がかかったり、先生にも失礼になることがあります。
ある程度人見知りがなく、大人とマンツーマンで話すことに物怖じしないような子どもならスムーズに学習が進むでしょう。
とは言え、人見知りの子どもや意欲のない子どもに対応してくれるところもあります。
しかし何事も相性なので、お試し学習などができるとさらに安心です。
注意したいのは、親の考えだけで子どもに家庭教師をつけてしまうことです。
子どもの意見をきちんと聞きましょう。

Page Top