前へ
次へ

家庭教師は保護者とのコミュニケーションも大事

家庭教師をしていく時には、生徒とコミュニケーションを取ることが大事ですが保護者とも出来る限り会話をして状況報告したりします。
保護者に子どもの状況などを報告することによって保護者も安心しますし、子どもの学力が向上しているのか気になる親も多くいるので子どもの学力の状況を定期的に報告する事が大事です。
また、保護者とコミュニケーションを取ると、保護者の考えを理解する事ができます。
どれぐらい学力を上げてほしいのか、子どもの志望高なども把握できたりして今後、勉強を教えていく時に参考になります。
ほとんどの場合は、親が子供の学力を上げるために家庭教師にお願いしていることが多いので親の要望をしっかりと把握してその目標に向かって授業をしていく事が大事です。
もし、親の要望に答える事ができないと他の家庭教師にチェンジしてほしいと言われることも時々あります。
偏差値が高い中学校や大学を志望している場合だと授業にも工夫が必要です。

Page Top